MENU

まとめたら絶対にラクになる?

複数のローンを利用していて返済が大変な時、おまとめローンを利用しようと考えるのではないでしょうか。しかしローンをまとめると、とにかくラクになると決めてしまわないほうがよいのです。

 

毎月の返済額が大きいなら、月々に返す額が小さくなるおまとめローンを探そうとするでしょう。しかし、毎月返済する額が少なくなっても、借入残高があまり低くならなかった場合は、結局返済期間が長くなることもあります。

 

返済期間が長くなると、その分の利息が大きくなり最終的な総返済額はおまとめローン利用前より大きな額となる可能性もあるでしょう。

 

 

おまとめローンのメリットには、

  • 金利が低くなり総返済額が低くなる。
  • 毎月の約定返済額が減り、負担が軽くなる。
  • 毎月の返済回数が減ることで、手間が減らせる。

といったことが挙げられます。
実はこれをすべて叶えられるおまとめローンを見つけるのは簡単ではありません。

 

そんな時に、申し込みをする方が、返済で何が一番大変だと感じているかをわかっていないと、まとめることが逆に負担増となってしまうのです。

 

おまとめローンを探す前に、まず自分の返済での最も気になっている点を挙げておきましょう。その解決に近づくローンを選ぶようにするのです。金利が下がるという点だけ、約定返済額が減るという点だけを見ていると、結果的に今よりも返済が大変になってしまうかもしれません。

 

ローンを一つにまとめる時には、おまとめローンの比較だけでなく、現状と比べることも大切です。

 

まず返済シミュレーションを見直そう

「返済が大変。」ここで即おまとめローン探しをスタートするのではなく、現在の返済方法や返済シミュレーションを見直しましょう。おまとめローンは、適切なものを選ばないと返って返済額が大きくなってしまうことがあります。現在の返済状況をきちんと把握することが、ローンをまとめたい時には重要なポイントです。

 

返済額だけでなく、1ヶ月のうちに何回返済回数があるのか、返済方法はどうなっているのかも大切です。返済方法が面倒なものを選んでいると、それだけで返済の負担は大きくなります。当然回数も多いわけですから、金額も含めて返済の難しさを増やしてしまうでしょう。

 

返済自体を見直すことで、自分が一番困っている点が明らかになってきます。
これを解決できるおまとめローンを選ばないといけません。

 

月々の返済額が大きくなりすぎて、生活に影響が出てしまっているのに、さらに約定返済額が大きくなるようなローンでまとめてしまっては逆効果です。逆に返済期間を短くしたい時に、約定返済額が小さいおまとめローンにすると、返済期間が長くなってしまうでしょう。

 

この返済の状態は、ローンを利用している方によってまったく違うものです。
現状を把握しないまま、おまとめローンに申し込んでも、問題点の解決はできないでしょう。金利が低いローンを見つけたから、それでまとめればすべて完了と即決しないほうがよいのです。

 

ローンの数が多く、借入総額さえ把握できない状態では、どんなおまとめローンを探しても負担を軽くできるかどうかわかりません。

 

まとめた後の計画が大切

ローンをまとめた後の完済までの計画がとても大切です。
おまとめローンが利用できるということは、一つのローンで利用できる額が大きくなります。これは、与信枠が大きくなる、つまり高い信用度があるということです。

 

この状態は、金融機関側にしてみると「信用できる人物だから、もっと借りてほしい。(もちろんそれを利息プラスで、きちんと返済してほしい。)」です。

 

おまとめローンの審査通過後に、まとめる前のローンから借入の案内が届くことが多くあります。この時に「ラッキー!借りられる。」と思ってしまうと失敗の始まりになってしまうでしょう。

 

おまとめローンにプラスして、別のローンで借りれば結局複数ローンの利用になります。
借入件数を減らすことで、返済の負担を軽くできるはずですが、その効果がなくなってしまうことになるでしょう。また、なかなか借入残高が減っていかない原因として、追加借入してしまうことが挙げられます。

 

ローンをまとめる時には、借入残高をどうやって減らすかをきちんと考えておくことが重要です。どんなに返済計画を立てていても、借入枠に余裕ができたことで、追加借入してしまえばその瞬間にシミュレーションはまた変わってしまいます。返済モチベーションを保つためにも、借入残高がきっちりと減っていることを認識するのは大切でしょう。

 

おまとめローンを利用するということだけを考えていると、完済までのプランがきっちりと立てられないこともあります。目標はおまとめローンの利用ではなく、借入残高を0にすることなのです。

 

どうやってもおまとめローンを利用できない時に…

おまとめローンの審査に通りにくい、なかなかまとめられない時には、どうすればよいのでしょう。ローン審査は、6ヵ月経つと申し込みの記録がなくなるため、再申し込みも可能です。しかし、審査否決の理由が収入の低い点などなら、簡単にアップできるわけでなく、再申し込み後も同じ結果になるかもしれません。

 

おまとめローンの審査に通らなかった時は、自分で理由を考えて、改善できる点なら対応してから再申し込みという流れを選びましょう。しかし、中にはどうしても返済できない状況に陥ってしまっている可能性もあります。

 

どうやっても返済が難しい状態とは、返済額と収入のバランスが悪すぎる時に起こります。
通常は、収入から返済に回すのは30%まで、50%を超えると生活が難しくなってしまうといわれているのです。元利均等返済方式とよばれる、リボ払いと同じ返済の仕方は、月々の返済額は同じで返済契約が立てやすいといわれています。しかし借り入れた元金がなかなか減っていかない特徴を持っています。

 

返済がどうしても困難で、なおかつおまとめローンの審査に通らないケースでは、他の方法を取らざるを得ないこともあるでしょう。

 

借入の問題を解決するには、債務整理という方法があります。
債務整理は、自己破産が第一に思い浮かびますがそれ以外にも、問題を解決できる手段は見つかります。

 

たとえば、任意整理は借入先の同意によって返済する額を減らすものです。
自己破産のように返済しないというものではなく、またその後の生活に受ける制限などもありません。(ローン利用時に影響が出ることはあります。)

 

おまとめローンが利用できないとしても、もちろん返済は続いていきます。
どうしても困難な場合は、別の解決手段を検討したほうがよいこともあるでしょう。